打たれた球も完全にコントロール出来ていたボールを、どうにか当てられた感じだった。 次の打者はボテボテのピッチャ・・・